ここには記録を残します。


by romanzaclub
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

11月「イノセント・ボイス」

b0094721_134968.jpg

『イノセント・ボイス 

    -12歳の戦場』
です。

1980年代のエルサルバドル。政府軍と貧しい農民を中心とした反政府ゲリラ組織FMLNが泥沼の内戦を繰り広げていた。11才の少年チャバは、父親が家を出たため、母親と姉弟を守らなければならない。
 彼が恐れているのは12歳の誕生日を迎えること。政府軍に"兵士"として徴収され、楽しい子供時代が終わってしまうからだ。銃撃戦の吹き荒れる戦下での過酷な生活。それでも11歳という時間を精一杯に生きるチャバ。やがて12歳の誕生日も迎えたチャバが下した決断とは・・・。

激しい内戦で多数の犠牲者や亡命者を出した、中南米エルサルバドルの内情を描いた戦争ドラマ。無名の俳優オスカー・トレスが少年時代の体験をつづった脚本を、メキシコ出身のルイス・マンドーキ監督が映像化。



一言で言っちゃうと反戦映画なんですが・・・
主人公のチャバを通して戦争の悲惨さ、それでも生きる強さ、成長が描かれてます。
すごく訴えられます!戦争とはこういうものって!
今の日本人が、この状況下におかれたら・・・生き抜いていけないんでしょうねぇ^^;
映画の中で、チャバを演じているカルロス少年の瞳があどけない少年の瞳からすべてを知った?大人の瞳に変わっていきます。
だって人間狩りですよ!徴兵とは名ばかりの・・・歩いてる子供をトラックの上からさらっちゃうんですよ!!
残酷なシーンもいっぱいです。
友達の頭が目の前で打ち抜かれる!!とかね・・・。


そして、最終の上映後、「心の叫び」を歌う浜田裕介氏のLIVEがあります。
b0094721_14471.jpg


反戦へのメッセージを綴った
「Voices-新しき革命の唄-」をはじめ、数々のメッセージを詩に託して歌います。

11月  10日(金)          13:00~  15:30~  19:30~
      11日(土) 10:30~  13:00~           19:30~
      12日(日)         13:00~
                               15:30~LIVE「戦わざる者達の唄」

      映画 一人¥1,000     LIVE+映画 一人¥2,500
                各回限定  30席 (LIVEとも)

ご予約はコメントに・・・
[PR]
by romanzaclub | 2006-10-31 01:00 | 上映作品