ここには記録を残します。


by romanzaclub
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:上映作品( 27 )

おまたせしました!!上映会が決定しました。


上映作品は、
「ニュー・シネマ・
     パラダイス」

b0094721_23484026.jpg

HPはこちらから

真の映画ファンに贈る1作です。

  そして、今回、やっぱり「ニュー・シネマ・パラダイス」という事で、
  デジタルリマスターされたものではなく
  本当にフィルムでの上映をします!!
  多少、画面の乱れ等あるかもしれませんが、そんな所もこの映画の雰囲気とし
  て見ていただければと思います。


4月  20(金)         19:30
    21(土)  14:00  19:30
     大人一人   ¥1000



お問い合わせ・ご予約はコメントでも受け賜ります。



そして
3年間、商店街の空き店舗利用しての上映活動を行ってきましたが、活動を休止することになりました。

これが最後の上映会になります。
まだ、「ロマン座シネマ倶楽部」を体験されていない方、最後に是非お越しください。


今までたくさんの応援をいただき、本当にありがとうございました。
[PR]
by romanzaclub | 2007-04-06 14:22 | 上映作品

次回上映会

今、選考中・・・。
なかなか、決まらない・・・。

3月は長島でもせぎやまでも映画を上映するので・・・

さて、どんなのをみなさんは観たいんでしょう??
[PR]
by romanzaclub | 2007-02-19 15:16 | 上映作品
b0094721_1425349.jpg
新年の上映は「かもめ食堂」(2006)です.
 
今年結構、話題に上がりましたよね !

●監督:荻上直子
●出演:小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~            
ハラゴシラエして歩くのだ。
かもめ食堂。それは、フィンランドのヘルシンキの
街角にある食堂でした。
こころをこめた「いらっしゃいませ」と、おにぎりと。
毎日ふつうで、おいしくて、
小さいけれど堂々としてました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

何にも事件らしい事件は起こりません。
北欧のヘルシンキに、一件の日本人が開いた食堂を舞台に
淡々と過ぎていく毎日。
お客が入らなくても気にしない。
来てくれたお客には、心を尽くしておもてなしをする。
そんな毎日を過ごす、サチエの元になんとなくだったり、訳ありだったりといつの間にか2人の日本女性が転がり込んで
3人で切り盛りされていく「かもめ食堂」

忙しい日常に流されかけている時、ふと立ち寄ってみたくなるようなそんな「かもめ食堂」に是非お越しください^^

●場所:三重県尾鷲市栄町(旧ニシムラ)
    シアター オアシス 特設ミニシアター

●料金: ¥1000(各回限定30席)

●主催:ロマン座シネマ倶楽部

●日時:2007年1月
19日(金)19:30~ 
20日(土)19:30~
21日(日)10:30~
今回は上映が少ないので是非予約を入れていただけることをお願いします!!

「ロマン座塾」の予定はまだないのですが・・・これからの「ロマン座・・・」の活動をどうして行くかを話し合ってみたいと思います。
スタッフ以外の方の意見も大歓迎です!
是非、参加お願いしますm(_ _)m
                                                                                        
    問い合せご予約は、コメントへお願いします。
[PR]
by romanzaclub | 2006-12-25 13:56 | 上映作品
    「ロマン座シネマ倶楽部」からの

        クリスマスプレゼント!!


 『クルテクと

  ズデネック・ミレルの世界』


絵本などでもぐらのキャラクターで知られている「クルテク」
その「クルテク」の生みの親である、ズデネック・ミレルの手掛けたアニメーション豪華9本立です。

作品タイトル
『コオロギくんとバイオリン』5分
『コオロギくんとコントラバス』5分
『コオロギくんとエンジン』5分
『くいしんぼうのすずめ』10分
『知りたがりワンちゃんとハチミツ』10分
『さんかくとしかく』9分
『「クルテク」もぐらくんとまほうのえ』 5分
『「クルテク」もぐらくんとつばめ』5分
『「クルテク」もぐらくんとこうつうじこ』5分
     約60分
b0094721_1443795.jpg
b0094721_145247.jpg

b0094721_1454461.jpg

絵本のようなカラフルな色使いとほのぼのと心温まる世界。
小さいお子ちゃまにもわかりやすいストーリーで、展開されていきます。
短編ばかりなので、飽きずに見てもらえるかな^^

少しくらいなら騒いだってOKでしょう^m^
そこは良識の範囲内って事で・・・。
もちろん、寝ちゃったって、絵本のようにお話しながらだって大丈夫^^
12月  15日(金)         13:00~  14:30~  16:00~   19:30~
      16日(土)         13:00~  14:30~  16:00~   19:30~
      17日(日) 11:00~  13:00~  14:30~

          大人¥1,000     子供(中学生以下)¥500
                   各回限定  30席
 
         ご来場のお子ちゃまにはステキな何かが有るかも!?

「ロマン座塾」はアニメ映画や絵本、その役割や効果をみんなで話してみましょう!!
絵本の持ち込み大歓迎!!


ご予約はコメントに・・・

伝統のチェコアニメに触れられるめったに無い機会です!
みなさんにステキなクリスマスが訪れます様に☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
[PR]
by romanzaclub | 2006-11-27 14:11 | 上映作品
b0094721_134968.jpg

『イノセント・ボイス 

    -12歳の戦場』
です。

1980年代のエルサルバドル。政府軍と貧しい農民を中心とした反政府ゲリラ組織FMLNが泥沼の内戦を繰り広げていた。11才の少年チャバは、父親が家を出たため、母親と姉弟を守らなければならない。
 彼が恐れているのは12歳の誕生日を迎えること。政府軍に"兵士"として徴収され、楽しい子供時代が終わってしまうからだ。銃撃戦の吹き荒れる戦下での過酷な生活。それでも11歳という時間を精一杯に生きるチャバ。やがて12歳の誕生日も迎えたチャバが下した決断とは・・・。

激しい内戦で多数の犠牲者や亡命者を出した、中南米エルサルバドルの内情を描いた戦争ドラマ。無名の俳優オスカー・トレスが少年時代の体験をつづった脚本を、メキシコ出身のルイス・マンドーキ監督が映像化。



一言で言っちゃうと反戦映画なんですが・・・
主人公のチャバを通して戦争の悲惨さ、それでも生きる強さ、成長が描かれてます。
すごく訴えられます!戦争とはこういうものって!
今の日本人が、この状況下におかれたら・・・生き抜いていけないんでしょうねぇ^^;
映画の中で、チャバを演じているカルロス少年の瞳があどけない少年の瞳からすべてを知った?大人の瞳に変わっていきます。
だって人間狩りですよ!徴兵とは名ばかりの・・・歩いてる子供をトラックの上からさらっちゃうんですよ!!
残酷なシーンもいっぱいです。
友達の頭が目の前で打ち抜かれる!!とかね・・・。


そして、最終の上映後、「心の叫び」を歌う浜田裕介氏のLIVEがあります。
b0094721_14471.jpg


反戦へのメッセージを綴った
「Voices-新しき革命の唄-」をはじめ、数々のメッセージを詩に託して歌います。

11月  10日(金)          13:00~  15:30~  19:30~
      11日(土) 10:30~  13:00~           19:30~
      12日(日)         13:00~
                               15:30~LIVE「戦わざる者達の唄」

      映画 一人¥1,000     LIVE+映画 一人¥2,500
                各回限定  30席 (LIVEとも)

ご予約はコメントに・・・
[PR]
by romanzaclub | 2006-10-31 01:00 | 上映作品

10月『寝ずの番』

10月の「ロマン座シネマ倶楽部」の上映作は
マキノ雅彦監督 初作品 

     『寝ずの番』

b0094721_17332910.jpg

バチが当たるほど面白い!
いっぱい泣いた。その倍、笑った。人生最後の大イベント。
俳優、津川雅彦が祖父と叔父の大名跡、マキノ姓を襲名。
初監督作に選んだのは04年に急遽した作家、中島らもの『寝ずの番』。
お通夜に集まった楽しい仲間・・・本人抜きの一世一代イベント!!
悲喜こもごもの思い出話に花が咲く内、飲めや歌えの大宴会!
そこは落語家、さてさて眠らない夜にいったい何が飛び出すのか!?



    こりゃ、テレビでは無理よねぇ・・・。
    きっと世のオバ様方は「まぁ!!」って白目をむくか、
    心の中で「グフフ」って笑うか二極化されるんでしょうね・・・。
    でもさすが、マキノ監督!出演陣が豪華でしょう!?
    迫力もんですよ!(いろいろとね^_-☆)
  
     日時:10月 20日(金)13:30~ 16:00~ 19:30~
             21日(土)10:30~ 13:30~ 19:30~
             22日(日)10:30~ 13:30~ 
                           15:30~ シネマ塾
                     (内容は映画に見る葬儀とは?)
       チケット 一人 ¥1000   R-15です。
                      中学生以下は入場できません。



       そう、R-15指定です ̄m ̄
       興味、出ちゃいますぅ?
       でもね、そんなシーンは残念ながらありません!
       あとね・・・恋人同士で来るとちょっと照れちゃいます^m^

さあ、上方落語界の粋さを味わってみませんか!?
笑って、泣いて、またまた大笑い!そんな時間を一緒に過してみてください!!


日曜日の「ロマン座塾」は
<寝ずの番にみる、お葬式のあり方>と題して、この地方のお葬式の仕方や考え方を僧侶でもある、「ロマン座・・・」の副代表からお話を聞きます。
[PR]
by romanzaclub | 2006-10-05 17:40 | 上映作品

9月『旗本退屈男』

さて今月は
「敬老の日特別企画」
『旗本退屈男』市川右太衛門 三百本出演記念作品です。
ロマン座シネマ倶楽部の会場の
ウィンドーに大きな看板掲げました!!
昔映画館の看板を描いていた方にお願いして、描いて貰ったんです^^
b0094721_19394562.jpg

こりゃ、目を引くでしょ^^

9月15日 10:30~ 13:30~ 19:30~
   16日 13:00~ 15:00~ 19:30~
   17日 10:30~ 13:30~
                     15:00~シネマ塾

  各回 限定30席 お一人1000円

敬老の日・・・ですけど若い方も来て下さいね。
         以外に面白いです^^


シネマ塾は「時代劇の楽しみ方」についてです。
[PR]
by romanzaclub | 2006-09-13 19:45 | 上映作品

親子で抱っこ上映会

特別枠で特別企画  (ロマン座塾の一環)
  「抱っこで親子上映会」と題して、上映時間を別に作って乳幼児や、
  妊婦さんたちが気兼ねなくみんな同じ条件で、たまには映画を楽しめる空間を!!
  赤ちゃん教室の先生を呼んで上映の前後にお話をしていただきます。
  

 8月 25日(金) 10:30~
    26日(土) 10:30~

 入場料 大人 1000円

お問合せ・ご予約はコメントにお願いします。

  
[PR]
by romanzaclub | 2006-08-04 17:27 | 上映作品
8月は「夏休み企画」として「ロマン座シネマ倶楽部」初の外国映画、
『天空の草原のナンサ』 です。
あのカンヌでパルムドッグ賞を受賞した名犬ツォーホルの活躍も見所です!
                  (本当に有るんです!最優秀主演"犬"賞!)    
b0094721_0363023.jpg

モンゴルの草原で暮らす、遊牧の民。
広大な空と草原で家族だけで生きる人々が、生きる素朴で濃密な時間。
一人の少女が子犬と出会ったことから始まる愛すべき時間。
神話や伝承から自然との敬意に満ちた関わりを学ぶ。
そんな彼らにも文明の波はすぐ近くまで押し寄せてきている。


この映画を見て、何を思いますか?何を感じますか?
忘れかけていた何かを思い出しますか?

今の自分を大切にしたかったら・・・

きっと彼らの心の豊かさに気付くはずです。
生活の便利さの中に忘れてきた心の草原をもう一度見つかるかもしれません。

   8月 25日(金)  19:30~
       26日(土)  13:00~ 15:00~ 19:30~
       27日(日)  10:30~ 13:00~

       大人 1000円     中学生以下 半額   各回30席限定

夏の暑い1日をゆったりと過ごしてみませんか?
  ただいま、予約受付中!!

シネマ塾は今後の活動について・・・興味のある方は少し覗いてみてください^^
[PR]
by romanzaclub | 2006-07-25 00:34 | 上映作品
第16回「ロマン座シネマ倶楽部」上映会

21世紀型青春バンドムービー
『リンダ・リンダ・リンダ』
女子高生がブルーハーツ!
ボーカルは韓国からの留学生!?


高校生活最後の文化祭でひょんな事からブルーハーツのコピーをやることになったボーカル不在のガールズバンド。
ボーカルとして声を掛けたのはなんと韓国からの留学生!
本番まで後3日。彼女たちの猛練習が始まった。
ブルーハーツを知らない世代の彼女たちが、高校生活最後の文化祭に何かを刻みつけようと輝いていく。

ユーモアと切なさをちりばめて青春の達成感をリアルに切り取っていく。
泣けて笑えて、キュンとなる、21世紀型青春バンドムービー誕生!!


  7月14日(金) 19:30~
   15日(土) 13:00~  15:30~  19:30~
   16日(日) 10:30~  13:00~  19:30~


    会場  シアターオアシス(旧ニシムラ)
 
    入場料  1000円 (中学生以下 500円)

    各階限定 30席 

第10回『ロマン座シネマ塾」
      日曜日の上映会終了後開催します。
      映画関係者などのゲストを迎え座談会や、講演会を行い
      「まちの映画館」再生のためのワークショップを開催します。
      参加費 無料    気軽に参加してください!
      今回の内容は「映画興行について」です^^

ご予約、お問合せはコメントでもお受けします!
もちろん本名じゃなくてOKです!!
[PR]
by romanzaclub | 2006-07-01 16:30 | 上映作品