ここには記録を残します。


by romanzaclub
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

b0094721_134968.jpg

『イノセント・ボイス 

    -12歳の戦場』
です。

1980年代のエルサルバドル。政府軍と貧しい農民を中心とした反政府ゲリラ組織FMLNが泥沼の内戦を繰り広げていた。11才の少年チャバは、父親が家を出たため、母親と姉弟を守らなければならない。
 彼が恐れているのは12歳の誕生日を迎えること。政府軍に"兵士"として徴収され、楽しい子供時代が終わってしまうからだ。銃撃戦の吹き荒れる戦下での過酷な生活。それでも11歳という時間を精一杯に生きるチャバ。やがて12歳の誕生日も迎えたチャバが下した決断とは・・・。

激しい内戦で多数の犠牲者や亡命者を出した、中南米エルサルバドルの内情を描いた戦争ドラマ。無名の俳優オスカー・トレスが少年時代の体験をつづった脚本を、メキシコ出身のルイス・マンドーキ監督が映像化。



一言で言っちゃうと反戦映画なんですが・・・
主人公のチャバを通して戦争の悲惨さ、それでも生きる強さ、成長が描かれてます。
すごく訴えられます!戦争とはこういうものって!
今の日本人が、この状況下におかれたら・・・生き抜いていけないんでしょうねぇ^^;
映画の中で、チャバを演じているカルロス少年の瞳があどけない少年の瞳からすべてを知った?大人の瞳に変わっていきます。
だって人間狩りですよ!徴兵とは名ばかりの・・・歩いてる子供をトラックの上からさらっちゃうんですよ!!
残酷なシーンもいっぱいです。
友達の頭が目の前で打ち抜かれる!!とかね・・・。


そして、最終の上映後、「心の叫び」を歌う浜田裕介氏のLIVEがあります。
b0094721_14471.jpg


反戦へのメッセージを綴った
「Voices-新しき革命の唄-」をはじめ、数々のメッセージを詩に託して歌います。

11月  10日(金)          13:00~  15:30~  19:30~
      11日(土) 10:30~  13:00~           19:30~
      12日(日)         13:00~
                               15:30~LIVE「戦わざる者達の唄」

      映画 一人¥1,000     LIVE+映画 一人¥2,500
                各回限定  30席 (LIVEとも)

ご予約はコメントに・・・
[PR]
by romanzaclub | 2006-10-31 01:00 | 上映作品

10月上映会!

b0094721_2134234.jpg

b0094721_21342991.jpg
b0094721_21344685.jpg
b0094721_2135122.jpg

夜の会は2日間とも満員御礼でした!
      まぁ30席しかないんですけど ̄m ̄
土曜日は補助席まで出しちゃいました^^v

b0094721_21365080.jpg
b0094721_21371156.jpg


講演も面白いお話でしたね^^
この地方では「寝ずの番」は無いそうです。
やっぱり、地方でいろいろ違うもんです。
[PR]
by romanzaclub | 2006-10-23 21:39 | 活動中

本日、上映中

b0094721_19523642.jpg

さすがですね(^^)

マキノ監督!!
お昼もなかなかの入りでしたが…
なんと、夜は「満員御礼」でした\(^O^)/

いえ、大入袋は出しませんでしたが…


みなさま、ありがとうございます!!!
来月もよろしくお願いしますm(_ _)m



そして、明日からご予定していただいてる、皆様!
心より、お待ちしてます(^_^)/~
[PR]
by romanzaclub | 2006-10-20 19:52 | 映画館

寝ずの番

さて、明日から上映会です。


問い合わせは多いんですけど・・・
「面白そう」っていっていただけるんですけど・・・
             (”そう”じゃなく本当に面白いんです!!)


明日は昼から
土、日は朝から上映します。
皆さん来てくれるかなぁ??

ほぉんっと面白いですから、時間作って観に来てくださいねぇ^^
損はさせませんよ!!
[PR]
by romanzaclub | 2006-10-19 21:58 | 活動中

10月『寝ずの番』

10月の「ロマン座シネマ倶楽部」の上映作は
マキノ雅彦監督 初作品 

     『寝ずの番』

b0094721_17332910.jpg

バチが当たるほど面白い!
いっぱい泣いた。その倍、笑った。人生最後の大イベント。
俳優、津川雅彦が祖父と叔父の大名跡、マキノ姓を襲名。
初監督作に選んだのは04年に急遽した作家、中島らもの『寝ずの番』。
お通夜に集まった楽しい仲間・・・本人抜きの一世一代イベント!!
悲喜こもごもの思い出話に花が咲く内、飲めや歌えの大宴会!
そこは落語家、さてさて眠らない夜にいったい何が飛び出すのか!?



    こりゃ、テレビでは無理よねぇ・・・。
    きっと世のオバ様方は「まぁ!!」って白目をむくか、
    心の中で「グフフ」って笑うか二極化されるんでしょうね・・・。
    でもさすが、マキノ監督!出演陣が豪華でしょう!?
    迫力もんですよ!(いろいろとね^_-☆)
  
     日時:10月 20日(金)13:30~ 16:00~ 19:30~
             21日(土)10:30~ 13:30~ 19:30~
             22日(日)10:30~ 13:30~ 
                           15:30~ シネマ塾
                     (内容は映画に見る葬儀とは?)
       チケット 一人 ¥1000   R-15です。
                      中学生以下は入場できません。



       そう、R-15指定です ̄m ̄
       興味、出ちゃいますぅ?
       でもね、そんなシーンは残念ながらありません!
       あとね・・・恋人同士で来るとちょっと照れちゃいます^m^

さあ、上方落語界の粋さを味わってみませんか!?
笑って、泣いて、またまた大笑い!そんな時間を一緒に過してみてください!!


日曜日の「ロマン座塾」は
<寝ずの番にみる、お葬式のあり方>と題して、この地方のお葬式の仕方や考え方を僧侶でもある、「ロマン座・・・」の副代表からお話を聞きます。
[PR]
by romanzaclub | 2006-10-05 17:40 | 上映作品